テキスト量がどうSEO対策に影響するのか?

Google Adwordsでは、良質なコンテンツのあるページの広告費が安くなる。その場合のGoogleの基準は何なのだろうか?それは、Googleがサイトを評価する基準と同じなのだろうか?

長野県ホームページ制作

Googleは、テキスト量があり、キーワード設定がしっかりしているサイトを優先すると思っていたが、どうやらそうでもないようだ。もちろん、アンカーテキストなどは有効なのは理解できるのだが、ただキーワード量が多ければそれだけで良いというわけではない。

テキスト量が少なくても、適切なキーワードを上手に設定した方が、読みやすいサイトにもなる。そこで、以下の引用を確認した。

ただ一つ言えることは、文字数が多ければ多いほどページ内に含まれるキーワード数も多くなるため、検索エンジンからの集客という面では文字数が多い方が間違いなく有利です。あくまで目安として文字数を定めるなら、最低でも1ページあたりに500文字以上のテキスト量は欲しいところです。

SEO対策講座(第10回)ページ内のテキストを調整してSEO効果を最大限まで高めよう

以上のように多ければ可能性が高くなるのだが、各ページに適切に振り分けた方が高度な作業だが効果的にも感じる。
そこで、以下のサイトで調査してみることにした。
長野県ホームページ制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存