新しいドメインでサイトを構築する場合

Google検索ではドメインの歴史を重んじる

ローカルの100以上のサイトを作って感じたことは、Google検索ではドメインの歴史を重んじる傾向があるようだ。これは、ローカルSEO対策だけの話ではない。Googleがしっかりレジストリーしてから2〜3年は、おまり良い評価をしないのでは以下とも考える。そして、被リンク自体もGoogleが被リンクと認めるのは、あまりにも少ないように感じる。

ローカルSEO

そこで、多くのトラフィックのあるサイトは、評価が早い。それ自体納得できるのだが、検索評価が低いサイトに多くのトラフィックを求めるのはGoogle Adwordsか、SNSなどの強いサポートが必要になる。であるならば新しいドメインのサイトは、その覚悟をしなければならない。

テキストやアンカーテキスト多いいページを作る

新しいドメインでサイトを構築する時は、HTMLだけのテキスト量の多いコンテンツのページをサイト構築し公開する前に用意しておくのもいいかも知れない。ページランクやGoogleからの評価を得るために,SEO対策を樹脂したサイトやブログを6ヶ月ぐらい毎日更新するような対策が必要だと私は感じている。また、アンカーテキストを用い、画像やJqueryなどを使わない表示スピードの早いサイトを本サイトが制作される前に作っておくべきだ。

ローカルSEO対策無料診断»
ローカルSEOの基本的な考え方(地域情報検索アルゴリズムへの最適化)»

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存