コンテンツSEO対策

Googleが望む鮮度の高い情報とは?

「鮮度の高い情報とはなんだろう?」Googleはどんなアルゴリズムで鮮度の高いコンテンツを見極めているのだろうか?ちょっと推測してみた。もちろん、ブログの更新も必要なことだろうがWordpressにおいては、固定ページのコンテンツの追加や変更などの更新頻度も重要視するのではないかと考えた。意外いと固定ページは作りぱなしとのところがある。
この発想は、実のところどこかの英語のサイトでも同様の期日があったことを記憶している。もちろん、以前から言われたことかもしれないが、キーワードの洗い直しとディスクリプションの変更も同時に行ってみた。

コンテンツSEO対策

画像のaltタグtitleタグについて

altタグの入れ忘れも同時に確認してみた。ここでも重複をできるだけ開けることにした。そして、altタグtitleタグの内容も異なるものにすることにしたが、ページ数が多いいと大変である。これで効果があるかは、まだ経過を見てみないとわからないが、ブログ更新を止めて、固定ページのコンテンツの入れ替えに時間を割いてみることにした。そのなかで、同時にH1・H2・H3とクローラーが読みやすいようにも再度変更してみようと思う。

SEO対策はキリがない?

SEO対策はキリがなく、細かい作業となる。しかし、クライントのサイトがキーワード検索で上位表示され、やがて1位表示されて、クラントに喜ばれるのが嬉しい。私の仕事をする長野県松本市では多くの経営者が、キーワード検索で1位になることに費用を掛けようとしないが、実際1位になった時のビジネスへの効果は計り知れない。そして、やっとそれらの経営者はWEBに費用を費やすことを恐れなくなる。
長野県WEBデザイン制作会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です