Googleの新しいSEOランクをまとめてみる

SEO Rank Correlations And Ranking Factors 2014
– Google U.S.
–という調査資料をダウンロードしてみた。Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報からのSEO情報がちょっとわかりにくかったので、このページにまとめてみようと思った。
私は、長野県松本市の株式会社ATFでSEOを担当している。弊社の検索サイト表示の結果席には私にある。

seo-ranking-factors-2014-819x1140

新しいSEO対策のまとめ

1キーワードごと1ランディングページであった今までのGoogleクローラの誘導ではなく、1トピックスに対して1ランディングページということだ。とすると弊社のサイトがすべて、コンテンツの作り直しになってします。この話は、ページの結論を以下に抜粋をしてみた。バズ部で伝えているコンテンツSEOの効果と7つの手順と同様のものなのか?(ちょっと疑問は残る)


グーグルの順位決定要因2014年版――全50の要因を重要度とトレンドで一覧(後編)

  • キーワードごとにランディングページを作るのはやめよう。
  • 検索エンジンのためにランディングページを作るのもやめよう。
  • あなたのウェブサイトやコンテンツ、ニッチ、製品に関連するトピックに集中して、これらのトピックやサブトピックに最適なコンテンツを書くように努めよう。
  • メイントピックについて相互に関連した複数の視点をカバーするランディングページを作り、意味的に大いに関連のある用語を使って包括的な文章を書いてほしい。

コンテンツSEOについて

バズ部さんは、「良質なコンテンツの作成がSEOの本質」と書いてある。それでは、Googleが評価する良質なコンテンツとはなんだろう?多くの人が見る・鮮度となるのだろうが、良質なコンテンツは、テキストで書かれたでコンテツだけではないと私は感じている。ある程度、ニッチでなくては、良質なコンテンツになりえない。何故ならば、ポピュラーなコンテンツになると類似コンテンツで、重複される危険性がある。

ローカル企業ホームページの新しいSEO対策

上記を実際の私どものクライアントのサイトに反映するには、画像でユーザーを引きつけるページと商品やサービス情報のコンテンツページを用意することによって、ユーザビリティとSEO対策の互いの優位性を保つことになる。しかし、専門的な単語を避け、テキストだけのページでも出来るだけユーザーに分かりやすく書くことが必要となるだろう!

これから私は、工務店専用ホームページ制作ATFのサイトでこれらを試してみようと思っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です