ページスピードとSEO対策

大きな画像を利用するサイトのページスピードとSEOの問題

最近大きな画像を利用するサイトが増えた。私の会社のサイトであるホームページ制作 松本市でも大きな画像と動的な要素の多いWordpressサイトを公開している。これらはとてもCOOLに見えるサイトだがSEO対策的には問題が多い。その代表的なものがサイトの表示スピードである。

PageSpeed Insights

画像の圧縮とCSSの整理がスピードアップ策ではポピュラー

PageSpeed Insightsで評価を見ると一目瞭然となるが、Wordpressであればプラグインによりこの画像圧縮とCSSの問題は大分解消される。
EWWW Image Optimizerで現在あるメディア内にある画像もテーマに使われている画像も圧縮出来る。
またキャシュなどの関連のプラグインもかなりある。
4つのプラグインでWordPressの表示速度を向上させる

表示スピードよりクローラースピードがSEOには重要

サイトの表示スピードはユーザーにストレスを与える。しかし特別遅くない限り動きのあるJQueryなどで誤魔化すことが出来る。しかし、クローラーの読み取りスピードが遅いとサイトの評価につながるらしい。しかし、それがどの程度のスピードなのかはわからない。しかし、hタグとかSCCの書き方は特に注意するべきである。そして、もうひとつはサーバーの問題もあるようだ。

ローカルSEO対策では表示スピードは問題にはならない?

ローカルではWEBリテラシーの低いユーザーをターゲットにしなければならない。よって表示スピードが遅いサイトはストレスを与えやすい。スマートフォンでは電波の問題もあるが、PCではやはりスムーズに表示させるのが得策だ・やっぱりcssも早く表示されるように書かなければならない。
画像の表示を待たないでテキストを先に表示させる例:長野ホームページ制作ATF

とにかくWordpressだとこれらの対策がとても楽だ!

多くのプラグインのあるwordpressではコーディング力に頼らなくてもコーダーの実力以上の効果を発揮させてくれる。しかし、CSSやPHPをコーディングする人はよく学んだ方がいい。ただ表示させるコーダー奈良掃いて捨てるほどこの日本にもいる。長野県松本市ホームページ制作と田舎臭いサイトネームだがローカルで箱の方がビジネス効果が高い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です