タイトルタグとH1タグでローカルSEO

タイトルタグとH1タグの両攻撃

Googleのアルゴリズムでは、日本のローカルSEO対策は難しいようだ。そこで、私は、地名をタイトルタグ(市町村名)を入れてH1タグには(県名)を入れている。このブログはローカル対応ではないので住所は入れていにが、サイトのロゴ下か、TOPのheaderの一番上とフッターには、クライアントの住所を入れている。もちろん、そのサイトのビジネスで重要なキーワードは使っている。

長野県松本市ホームペジ制作会社

長野県松本市ホームペジ制作会社ATFと後発のWEBデザイン会社なので色々工夫が必要になる。

ローカルの地名優先か?キーワード優先か?

この2つとも当然テキストであるが、これだけでは足りない時は、ビジネスのエリアをフッターに入れるようにしている。対応する地名を地町村名を細かく入れることにしている。

問題は、ローカルの地名を優先させるのか?ビジネスのターゲット向けのキーワードを優先させるのかが不明である。このへんは、Google AnalystとWEB master toolで今後更に調査する予定です。

これらが正しいのかは、不明だが、弊社のクライントは殆どがそれなりの位置にいるので、世界ではないかと感じている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です