ウェブローカルSEO対策+MEO対策

ウェブのローカルSEO対策よりMEO対策

扱う業種によりますが、ウェブやブログを活用したローカルSEO対策より、スマホの利用者むけには、Googleマップを活用したMEO対策の方が集客に適しているのかもしれまえんね。例えば、店舗などはローカルSEO対策は、Googleビジネス活用くらいにしておいて、MEO対策をおすすめします。
google map

MEO対策とは?

Googleマップ上位表示サービスは、通称「MEO」や「ローカルSEO」と呼ばれておりが、ここでは、ローカルSEO対策とMEO対策と別の意味をもたせます。MEO対策とは?Google検索で「地域名×業種」や「地域名×食べ物」などのキーワードで検索した場合、自社もしくは自分のお店を検索結果の上部に表示される「Googleマップ専用枠」の上位3位に表示する対策のことです。これを利用して集客する事ができます。しかし、B TO Bなどのビジネスでは効果がなく、B TO C向けと言っていいでしょう。

ローカル企業のウェブ検索エンジン対策

ロカール企業のウェブ検索エンジン最適化を行うためには。EMOタイsカウを行う必要がありますが、タイトルに地名を入れて、「ホームページ制作 松本」とウェブ検索サイトで検索場合を予測して、「ホームページ制作 松本ATF」とタイトルを設定すると効果的です。
SEO対策プラグインを外すWPのSEO対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です