WordPressを活用したローカルのためのSEO対策

多くのWorpressユーザーが、WPを利用する理由の一つがSEO対策に有利という点がある。そしてPHPが繰り出すWPのメリットはプラグインにある。私の愛用はGoogle XML Sitemapとall in One SEO Packである。それ以外のプラグインとして WordPress Related Postsを私は、SEO対策プラグイン代表的なものとしてお奨めする。これ以外にも優れたプラグインは沢山あるがあえてSEO対策にこだわるとこの3つを設定しておけば問題ない。

wordpres-tシャツ

その他のWordpressプラグインはこちらから
プロが選ぶ!WordPressプラグインおすすめ50選【2015年版】»

Google XML Sitemapとは?

Googleウェブマスターツールから呼び込むXML Sitemapです。つまり、Googleクローラーが読みやすくするためのSitemapを送信してくれる便利なプラグインです。

all in One SEO Packとは?

Titleタグ、meta descriptionタグ、meta keywordタグ、noindexの設定などがページごとに行えるようになります。このプラグインこそWordpressならではのSEO対策には欠かせません。

WordPress Related Posts

レコメンドシステムのようなもので、関連の記事やお奨めの記事をページの最下部に表示してくれる機能となっております。

そして、プラグインの他にはPING設定もできます。投稿ページの更新時やトラックバック機能でサイト内で被リンクを構成することもできます。また固定ページでは、上記のall in One SEO PackでページごとのTitleタグ、meta descriptionタグ、meta keywordタグも設定できます。また、多くのブログで書かれてはいないのですが、カテゴリのアーカイブも検索されやすいので、投稿ページのカテゴリの作り方でもmoSEO対策効果を見出すこともできます。ローカルSEO対策としては、ページごとにローカルのエリアを設定もできます。

私の会社は、長野県松本市のホームページ制作会社ですが、長野県と周辺エリアごとのローカルキーワードでページを作っています。
 
参考ページ:WordPressの機能を最大限に活用して!(漢方薬局編)»
WordPressで作られている、有名Webサイト11選»

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です